--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/45-9a9e9f61

02

15

コメント

無料

『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』
という本を読みました。

ま、皆さん無料がお好きっていうことですね。


サイトの利用料を無料にする利点としては
やっぱりハードルが低いっていうことでしょう。

無料ならやってみて、
( ・_ゝ・)ツマンネだったら辞めればいいわけです。

無料なので、会員数は有料の比になりません。
そして、最初の登録情報は少なければ少ないほど良い!
というのは僕の経験から来る話しです。

名前を入力させるサイトと
ニックネームを入力させる同じ内容のサイトがあったら、
前者よりも後者のほうが10倍くらい登録者数が増えるって感じてます。



無料の種類もいくつかありますが、
手放しで全て無料!!!と言っても、
回り回って、誰か(自分)がお金を払っていることになっています。


例えばGoogle先生の場合、

Gmailを利用する
→メールの内容によって受信箱の一番上にアドセンス表示
→リンクを押してその企業で買い物をする(もちろん広告費込み)
→お金を払う

んで、お金は企業が出してるのかなーと思ってたら
σ(゚∀゚ オレ!!だったー!!ということで、
料金は巡り巡って一部の人が全員分払っている。



そんな感じで、料金の発生パターンは、
大きく分けて3パターンなんだそうです。

1.直接的内部相互補助

 サービスは無料だけど、製品版は有料など。
 サービス版は試用期間が設定されていたりする。

2.三者間市場あるいは市場の"二面性"

 クレジットカードの発行は無料、手数料はお店から取るなど。
 使う人じゃない人がお金を払う。

3.フリーミアム(一部の有料顧客が他の顧客の無料分を負担)

 無料オンラインゲームで、アイテムや服装を買う時有料など。
 普通にゲームしてる人は、無料でもきちんとゲームできる。


今度携帯電話向けのサイトを作成するときに、
この本で読んだ内容を上手く使いたいなぁと思ってます。

料金パターンは2になると思います!

サイトができたらまたここでお知らせするので、
よかったら使ってみてね♪
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/45-9a9e9f61

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
811位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
58位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。