--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/373-c6344571

04

24

コメント

きちんと負けることを教えるのは難しい

子どもたちの動きとか、言葉とか、
とにかく成長が早くて、面喰ってしまうことも多いのだけど、
最近の悩みはもっぱら

「きちんと負けること」

「負けたら次になにをしなきゃいけないかを考えなさい」

というのを教えることが、
すげー難しいっていうことが悩み。


よくあるケースを2つ。

かけっこをする。
一番下の子が走りだした3秒後くらいに真ん中の子。
真ん中の子が走り出した5秒後くらいに一番上の子。
最後に一番上の子が走り出して10秒数えてから、私が走り出す。

だいたいゴール近くでぎりぎり並ぶようにしているのだけれど、
一番下の子が真ん中の子に抜かれた瞬間に
走るのをやめる。

最後のゴール付近で、とどかない!と思った瞬間に
一番上の子が走るのをやめる。

これじゃあ次につながらないじゃないかと、
最後まで走りなさいと言うのだけれど、
最後まで走ってくれない。

秒数の設定はその都度変えるものでもないと思って、
全力でやれば、いい勝負になるのになーと思ってしまう。


もう1つは、ポケモンのカードゲーム。

1匹目のポケモンがやられて、
2匹目もやられる寸前。
待機中のポケモンもいないようなとき、

「やーめた」

と言ってやめてしまう。

「負けるまでやりなさい」

と言うと、泣きながら最後までやる。



うーん。

どうなのか。

負けるのも、楽しいのに。


負けた後に、何で負けたのか、
あれがいけなかったのか、これなら次は勝てるんじゃないかとか、
練習すれば勝てるかとかいろいろ考えると、
負けてもその負けは無駄にならない。

肉体的に絶対に勝てないとわかっている勝負でも、
考え方を変えれば、
あの勝負では負けてしまうけれど、
これなら絶対に勝てる!という勝負を見つけることもできる。

そうやってやっているうちに、
自分が何が得意で、何が苦手で、
どんなことが好きなのかとか、好きだけど弱いとか、
そういうのがわかってくると思うんだけどなー。

自分の話しをするならば、
運動は苦手だけど好きで、
負けてもいいから一緒にやることを楽しみたかったなとか、
ゲームもパズルは得意じゃないけど、
シミュレーションは負けたくないから練習したなぁとか、
思い出せばたくさんある。

そうやって、自分の今があるんじゃないかなとも思うのだけれど。


遅くても小学校に行っているうちに、
負けることと、その次のことを考えられるように
なっていてほしいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/373-c6344571

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
811位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
58位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。