--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/313-1b8445c9

12

25

コメント

第69号「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ。」


知人の奥様が闘病の末お亡くなりになり、
お通夜に参列してきました。

この場をお借りして、謹んで哀悼の意を表し、
心からご冥福をお祈りいたします。


知人は、地元の会にて
娘にも大変よくしてくださいました。

個人的に奥様にお会いしたことはないのですが、
息子さんは学年は上ですが娘と同じ小学校で同じ会ということで、
友だちとして、同じ会の仲間として、
小学校でも仲良くしているそうです。

もしかしたら奥様とはPTAで一緒に何かしていたかもしれませんね。



さて、通夜を前後して、
娘にとって生と死を考えさせられる機会となったようです。

父と子の生活が始まるということは、
境遇としては現在の我が家と変わりません。
娘とその友だちの違いは、
お母さんに会えるか会えないかというところなのです。

同じと言えば同じ境遇。違うと言えば違う。

お母さんが死んでしまうということが、
ピンとこないようでした。


「死者にたいする最高の手向けは、悲しみではなく感謝だ。」レートン・ワイルダー

「人は人を幸せにするために生まれてくるのですよ。」アルバート・アインシュタイン

「この杯を受けてくれ
 どうぞなみなみ注がしておくれ
 花に嵐のたとえもあるぞ
 さよならだけが人生だ」勧酒より

「さよならだけが人生ならば また来る春はなんだろう」寺山修司


他のかたの言葉を借りて、
誰しもが一つの命(一つと言っていいかはわかりませんが)を持って生まれ、
生きるだけ生き、死ぬのが当たり前です。

誰かに阻害されることなく寿命をまっとうすることが、
日本における道徳的規範ですが、
運命があるとすれば、死ぬまで生きるのですから、
今日、もしくは明日死んでも後悔のないように生きることが
望ましいでしょう。


いろいろ言葉はありましたが、娘に教えるべき言葉が見当たりませんでした。

人から教わるのではなく、
出会い、別れを経験して、自分なりの答えを見つけてほしいものだと思います。


こんなしんみりした話しをと思いましたが、
お葬式は悲しむためにあるのではなく、
感謝するためにあるものだと思います。

今日はクリスマス
プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日です。



今日の朝は、サンタクロースが来たようで、
子どもたちに色違いですがお揃いのマグカップが贈られていました。

子どもたちが朝、

「そういえばかわいいコップがほしいと思っていたかも」

と言っていたのには驚きました。
実際のサンタクロースは、そんなことも気にせずに、
プレゼントを選んでいました。

子どもたちいわく、サンタクロースは心や夢や願いが読めるようです。


ちなみに僕の分のマグカップもあったので、
なんで?どうして??となったのですが、

「今年お仕事もお料理もがんばったから、特別にくれたんじゃない?」

だそうです。

がんばっている姿を見られることは
恥ずかしいと思ってしまうほうなのですが、
今日は子どもたちに愛されてるんだなと感じることができて
よかったです。
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/313-1b8445c9

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
71位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。