--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/277-a90d2fd9

12

05

コメント

「非実在青少年」「非実在犯罪」に見る、親の価値観

タイトルのとおり、今日はまじめな話題。

やーんさんは今日は忘年会でアルコールが入っているので、
文章がぐちゃっとするかもしれませんがご了承ください。


よく、職場の上司の方々から、

「今の若い奴らは元気が足りない」

とか、

「今の若い奴らは口ばっかりで、実力がないのに文句ばかり言う」

という意見を聞きながら社会人をしていました。


よくある話しです。


そんなことを他のところでも聞くことがあります。

「私たちの若いころは、もっと外で遊べたのに」

「私たちが子どものころには、
 こんな事件はなかったのに」

これなんか僕も言うことがあるのでちょっと考えものですが、
今と昔を比較する言い方です。



さて、今と昔を比較して、
脳内ディスカッションをしてみます。

"うちのこどもたちの様子と、
僕がこどもだったころの様子はどう違うのか。"


ここに、子どものころ(小学校高学年くらいの)私(子ども代表)と
今の私(代表)がいるとしましょう。

代表は、子ども代表にありきたりな
普段の様子を聞いてみることにします。


***************************

「よくあそぶものはなに?」

子「弟と公園でよく遊ぶ。
  あとはファミコンしたりテレビ見たりしてる」

「友だちとはどんなことをしてるの?」

子「児童館(学童保育所)で遊んだり、
  サッカー部の友だちとは公園でサッカーしたりしてる」

「好きな本はなに?」

子「コロコロコミックかなー。サンデーも読んでる。
  普通の本だと、たまねぎ博士とウォーリーが好き。
  最近はエッシャーの本が不思議だった」

「習い事はしてるの?」

子「サッカーと習字、あとは進研ゼミ」

親「お父さんとお母さんからは、いつもどんなことを注意されてる?」

子「弟と仲良く遊びなさいって。
  それと、ファミコンとかおもちゃを出しっぱなしにしないようにって。」

親「町で変な人をみかけたりする?」

子「見たことないかも。
  蒲田と多摩川の土手にはホームレスのおじさんがいる。」


***************************

脳内ディスカッションは終了しました。

今のうちの子どもと僕の子ども時代を比較しながら、
さっきと同じ質問を娘にしてみましょう。

***************************

私「よくあそぶものはなに?」

子「ビーズでアクセサリーを作ったり、
  DSをしたりしてる」

私「友だちとはどんなことをしてるの?」

子「児童館(学童保育所)で遊んだり、
  友だちのおうちでゲームをしたりしてる」

私「好きな本はなに?」

子「妖精シリーズと少年探偵Q!
  マンガはよつばと、ハヤテのごとく、イカ娘」

私「習い事はしてるの?」

子「したい習い事があるから、通う練習のために
  週1回図書館で本を読んでます。
  今度、合気道の見学に行きます。」

私「お父さんとお母さんからは、いつもどんなことを注意されてる?」

子「嘘はつかないように。
  あと順番とか守るように。」

私「町で変な人をみかけたりする?」

子「空き缶を拾っている人がいた。」


※この会話は連続して行ってはいませんが、
 実際に娘から聞いた内容です。
 習い事のところはしてないので、現状を回答。
***************************


子どものほうは、特に変わったことがないようです。

うちの娘はもうキーボードで字が打てるので、
パソコンを使い始めたら覚えるのも早いでしょう。



さて、話しはタイトルのとおり、
「非実在少年」の話しになります。

非実在青少年の問題がネットを中心に話題になっているのは、
ネットくらいでしかきちんと議論ができないからだと思うのです。

ピクシブ百科事典
http://dic.pixiv.net/a/%E9%9D%9E%E5%AE%9F%E5%9C%A8%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E8%A6%8F%E5%88%B6

「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」条例案において、『非実在青少年』は以下のように定義されている。

年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの

この条文は、『第三章 不健全な図書類等の販売等の規制-第七条(図書類等の販売等及び興行の自主規制)』に加えられる。
平たく言うと、「判断される側の意図にかかわらず、判断する側が18歳未満だと言えばそれは非実在青少年である」という事である。



今の30代以上の一般的な主婦、および、
40代以上の世代に共通することとして、

「子どもたちがなにをしているか知らない」

というものがあります。

携帯電話もまともに使えない、
パソコンはまともに触ったこともない人たちが、
ごろごろしているのです。

HTML?知ってるはずありません。

公衆無線LAN?使ったことない人ばかりです。

ツイッター?ビジネス以外の用途を求めていないでしょう。

ネトゲ?パクロス以上はできません。

アニメ?土日にやってるアニメしか見たことありません。

マンガ?大人はマンガは読みません。漫画ゴラクくらいです。


そんな人たちが、健全とか不健全を判断するには、本当は、

"なにが不健全かを知る"必要があります。


ただし時間がありません。

そこで、なにが健全でなにが不健全かを知るための資料を
作る人がいるとしましょう。

私ならこう言います。

「18歳未満の子どもたちが購入できるマンガ、雑誌から、
 健全、不健全にわけて分類したリストと、
 その代表を持ってきてくれ」

これでおkです。

私はそのリストと代表の2,3冊を読みます。

リストはともかくとして、
代表の2,3冊はこんな感じです。

健全
・週刊少年サンデー
・ちゃお

不健全
・GUSH maniaEX XP
・チャンピオン RED ( レッド ) いちご


私はきっと思うはずです。

「こんな不健全な雑誌はなんだ!規制しておk!」


そんなふうになっているのではないでしょうか。


買える、買えないということは問題の本質ではありません。

ここでは、買えても買わないように教育するというのが、
本当の課題のように思います。

昔だって、おばあちゃんがやっている本屋さんで、
エロ本買ってたじゃないですか!!!

それとたいして変わりません。




子どもたちが変わった、環境が変わったんじゃありません。

「大人の考え方が変わった」んです。

そう考える方がしっくりきます。


時間をかけても教えていかなければならない

生、性、人間、人種、道徳、社会なんかを、

学校や他の教育にまかせて、親が教えようとしません。

恥ずかしい、時間がない、わからないのは話しになりません。


なので、
東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案 に反対です。

条例なんか作る前に、大人をどうにかしなくちゃいけないっていうことを
広くメディアを通して訴えてください。

MXなんか、特集番組をもっと組んでもいいです。

見ます。



この条例を見てすぐに、

「もしうちの子が、マンガの影響を受けて非行に走ったらどうしよう」

と言っている親の姿が目に浮かびました。

そしたら親が対処すればいいと思いませんか?

がんばりなさいよ!!



公園に行ったとき、
僕の子ども時代ならば、親とは「遊ぶため」に一緒に行きました。
親が遊んでくれないならば、親と一緒に行く必要はありません。

最近は、「連れていってもらうため」に一緒にいくようです。
一緒に遊んでいる親はほとんどいません。
ベンチに座っていたり、他の親と話をしたりしています。
(お母さんたちのこの挙動は、20年前と大差ないかもです)

僕ら親世代にもっとやれそうなことがあると思ったやーんでしたー(ρw-).。o○
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/277-a90d2fd9

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
60位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。