--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/191-f9456f3b

07

06

コメント

第16号「背番号」



昨日テレビ番組で、「The Cove」という映画について、日本人から見た、内容の精査と評価をしていました。

何やら、虚偽を交えた主張もあったようで、イルカ漁をしている方が、

「イルカ漁ができなくなる」

とインタビューで答えていたところが印象的でした。

内容はともあれ、こういう風に、何かを主張するために(今回は、かわいいイルカをなぜ殺して、食べないといけないか)映像作品を作成したり、雑誌に記事を書いて広く認知してもらうという方法は、効果があるため、このThe Coveという映画そのものが悪いとは言いません。

ただ、私は、

「その主張は、100人見たら100人が共感できるの?」

というふうに思ってしまいます。

なぜならば、その主張を受け取った際に、根本的な原因の解決がなされていないことが多いからです。



今回のThe Coveでは、イルカが入り江でもりに突かれて血を流しながら死んでいく。悲しいというメッセージは伝わってきました。

死んでいくイルカを見守るダイバーさんの泣き顔などの描写もあって、感情移入されてしまった面もあるでしょう。

しかし、

「じゃあ牛、豚、鳥とかはいいの?」

とか、

「泣いているダイバーさんはベジタリアンで、動物を食べることに反対しているの?」

と思ってしまいます。

イルカと牛では、かわいさが確かに違いますが、家畜にも魂がありますし、植物にも昆虫にも、人と同等の魂があるのでは?と思ってしまうのです。



「ペンギンはたいまつとして燃やされていたけど」

「日本でも昔は犬とか猫を食べていたけど」

「鹿とか、熊も食べてるけど」

そもそも、これを事実として、認識しているのかも怪しいですし、オーストラリアではカンガルーやワニを食べていますし、原始人はマンモスを食べていたのでは?

The Coveの制作者が、某ハンバーガーチェーン店で、ハンバーガーを食べていたら、馬鹿げていないでしょうか。

この主張は、最終的にはどこに行きつくのでしょう。そういうことを考えると、よくわからなくなってしまいます。



さて、近年日本でも、同じような感覚を持つことがありました。それは、国民総背番号制の導入に対して、反対意見の声を聞いたときです。

「自分を番号で呼ばれたくない」

「プライバシーを侵害する監視社会を作り出すものだ」

自分に1つの番号が割り振られた場合、例えば私の大学時代の出席番号が107番でしたが、その番号で、免許証、保険証、年金の受給者番号などもすべて確認することができると言われると、

「その番号を知っている人が使用すれば、 プライバシーを侵害されるかもしれない」

と言われることも、間違いとは言い切れません。

しかし、実際には、この国民総背番号制に近いことを、国も民間も行っています。

私は証券会社のシステムエンジニアとして勤務していましたが、証券会社では、口座を持っている方の、性別、年齢、勤め先、口座番号、口座残高、保持している証券、取り引き額、市場へのアクセス時間、年収、借金の有無、過去に振込や支払でトラブルがあったかどうか、営業担当者との打ち合わせ内容などなど、幅広い情報を見ることができます。

しかも、個人には10ケタ程度の番号が振られているため、どの情報を見る際にも

「107を入力すれば、私のデータが確認できる」

という状態でした。

なので、運用している側に悪意のある方がいらっしゃれば、あなたのプライバシーは侵害される可能性はあります。



あと、こう思われている方は多いかもしれませんので補足します。例えば、

「区役所の窓口で戸籍を確認したときに、 あなたが社会保険の料金を払っていなかったので、 パソコンの画面に"窓口までいらっしゃったら、社会福祉課に連絡するように"と出ていた。 窓口の人が内線で連絡し、社会福祉課の人が来て、 別室に連れて行かれ、いつ支払ってくれるのか問い詰められた。」

こんなことは、ありえません。もし、窓口の方が閲覧可能な情報の中に、その方の担当以外の情報が含まれているとしたら、その組織のプライバシーポリシーは最低の最悪です。

日本中の公務員の方が使用するため、担当者が必要であろう情報以外は、閲覧できないようにするのが常識です。

上述した証券会社のシステムでは、営業担当者しか見れない情報、管理職しか見れない情報などというふうに閲覧に制限が設けられています。

また、システムエンジニアですら判断できないように、暗号化されたり、一部の情報は役職が無いと見れなかったり、見るのに必要なパソコンにカギがかかっており、担当の部署の方にカギを解除してもらわないと見れないようになります。





ここまで、いろいろと書いてみましたが、反対意見を出されている方の中には、銀行口座も持っていない、インターネットや通信販売でお買いものもされていない、年金も受給・支払されていない、クレジットカードはもちろん、定期券、免許証、ましてや、小売店のポイントカードや携帯電話、メールアドレスですら持っていないという方はいらっしゃらないでしょう。

ある主張が、自分に当てはめて考えてみても、こちらでは成立するけど、こちらでは成立しないという矛盾があるうちは、いくら主張してもおかしい気がしてしまいませんか?



今日のキーワードの最後に、ティータイムでちょっと思いつける質問を用意しました。よければ、考えてみてください♪考えた内容を僕宛て(vac@sheep.dog.cx)に送ってくださるとうれしいです!できる限り個別に返信させて頂きます。

☆本日のティータイム( ゚Д゚)⊃旦

「The Coveを観た感想をお聞かせください」サンプルhttp://www.thecovemovie.com/japanesefiles/the-cove-store-files-final/Cove-home-page-absolute-url.html


関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/191-f9456f3b

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
1094位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
80位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。