--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/173-937ab2a0

06

21

コメント

第1号 「30,000誌」

サンプル号に引き続き、まぐまぐさんから話題を提供頂きまして、今日は「30,000誌」というキーワードです。これは、まぐまぐさんのトップページに掲載されているメールマガジンの数です。

3万誌ってすごい!と思う反面、ビジネス関連の雑誌や記事で「メールマガジンを使ったビジネス」をというのをたくさん見ていたので、3万誌しかないんだと思ったのもまた事実です。

各企業の個別のメールマガジン総数がぜんぜんわからないので、本当の比較にはならないですが、数字だけを見てみるにあたって、Twitterがビジネス向きにいろいろ取り上げられているので比較してみたいのですが、日本のTwitterユーザ数(アカウント数)は約500万人だそうです。



Twitterもメールマガジンも情報配信という点では変わらないですし、ユーザの手元にタイムリーに、かつ、直接届くという意味では、むしろメールマガジンのほうが利点が多いと思うのですが。これはメールマガジンの運営側(発行者や媒体)のせいかもしれませんよね。敷居が高いと思わせるかそうでないかの違いなのかな?と。

メールマガジンの僕の個人的な印象は、

・優れた人が書いている情報を読むことができる。・情報に信ぴょう性がある!!(根拠はないです)・定期的に配信されるため、見に行かずに職場でも読める。

対して、Twitterの個人的な印象は、

・みんなでわいわいやっているので、チャットをしているよう。・宣伝もあるので、たまにそっちも見る。



ビジネス向けのTwitter関連本を読んでいる方、Twitterは別にビジネス向きじゃないと思います。うちの会社でもTwitter botをお客様に提供しています。bot(ボット)というのは、自動でTwitterにつぶやく為のプログラムです。たしかにホームページへの誘導に使用するのにはかなり役にたっています。ただこれは、便利なAPIを公開しているので、簡単にビジネス用途に用いやすい普及メディアって考えるのが妥当じゃないでしょうか。

僕の意見としては、メールマガジンは来年もあると思いますが、Twitterは来年もまだ人気があるかわかりません。

さて、そこでと言ってはなんですが、メールマガジンを普及させるにはどうしたらいいのか考えてみました。"普及"させることに全力を注いで考えてみます。(普及させるメールマガジンの質の良し悪しは考慮しません)



メールマガジンのこれまでの常識を捨てられるように名前を変えましょう。そうですね。単純でも無く、斬新でも無いような感じで、「メモランダ(memoranda)」とかではどうでしょうか。memorandaは「手記」という意味です。略語も「メモラ」とかになって、かわいいです。

「昨日のおまえのメモラ見たよー(笑)」となると、75点くらいな気もしてきました。

いままでブログに書いていた内容をそのままメルマガで発行するにはちょうどいいくらいの名前ではないでしょうか。最近はHTMLメールに対しての違和感もなくなってきたので、写真も多数掲載できるといいですね。大手企業もインターネットに対しての閲覧規制は根強いですが、メールまでは規制していないところも多いのでは?そのあたりもメールマガジンの強みですよね。

次に、読者から頂いたコメントを、他の読者に見られるようになるといいと思います。ひとまず、Amazonのように評価を付けられるようにしたりするといいのではないでしょうか。

最後に、審査を無くす。これが一番大きいかもです。読者からの反響をもって、審査とする。



でもどこかでこういうビジネスモデルがあるかもしれませんが、見つけることができませんでした。うちでシステム作ってみようかなと思いました(笑)



今日のキーワードの最後に、ティータイムでちょっと思いつける質問を用意しました。よければ、考えてみてください♪考えた内容を僕宛て(vac@sheep.dog.cx)に送ってくださるとうれしいです!できる限り個別に返信させて頂きます。

☆本日のティータイム( ゚Д゚)⊃旦「自分が10回分のメールマガジンを発行するとしたら、何が書けますか?」「今読んでいるメールマガジンに書いてあったことを、実践してみたことってありますか?具体的には?」「メールマガジン普及に賛成ですか?反対ですか?その理由は?」


関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://welcomevac201world.blog84.fc2.com/tb.php/173-937ab2a0

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
49位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。