--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

30

コメント

コロッケパン

「じいちゃんがコロッケくれたー」

朝からコロッケの話しを聞いたら、
どう考えたって、口の中が脂っこくなるんだと思うけど、
子供は思いのほか胃が強いらしい。

今日のお昼は貰ったコロッケを
食パンではさんでコロッケパン。
焼いた食パン2枚にコロッケをはさんで
三角形に4等分した。

さすがは厨房仕込だけあって、
パンの切り方も上手だなぁと自画自賛し、
盛り付けると、
何やら不満気な娘。

「何だ、そんな顔して」

「別に。。。」

「別にって(笑)」

「少ない。」

「あ」

娘に配分されたのはコロッケ1個半とパン1枚分。
3年生のお昼ご飯にパン1枚では足りないかと思ったが、
パンは4枚しかないので、
切り分けた中で大きいものを皿に盛り付ける。

周りと比べて明らかに大きめなので、
満足したのか、
大きな声で

「いただきまーす」

というと、あっという間に食べ終わった。

娘と同じ個数ではあるが、
小さめのコロッケパンを食べた感想として、
お昼には十分なボリュームかと思ったけど、
なにやらまだ不満そうだったので、
おやつ用に買ってきたジュースを1杯ずつ配ると、
心がいっぱいになったのか、
ごちそうさまは全員笑顔で。

子供達の食べている様子を見ていると、
ご飯は食べなくてもお腹はいっぱいになる。

親というより、
仙人のような感覚に近いのかもしれない。
太らないわけだ。
スポンサーサイト

04

26

コメント

備えあれば

「福田さん、4月25日のガーデンパーティのお手伝い
 よろしくね」

「あ、はい。」


安請け合いとはこのことで、
気付いたら、手帳の4月25日に○をつけていた。

どうやら、この日は
地域の町会とか小中学校のPTAとかによる
子供達のイベントがあるらしい。

"あるらしい"なんて言うくらいだから、
全然知らないイベントかというとそうではなくて、
僕も昔から参加していた、
由緒ある年1回のイベント。

格安の飲食店と、
どこかに行かないと楽しめないようなブースが並ぶ、
少し規模の大きなイベントで、
子供の日の近くに行われる。

"あるらしい"と言ったのは、
それがいつもどんな人達が運営しているのか、
今まで考えたこともなかったから。

適当に行って、楽しんで帰ってくるイベントに、
自分が運営側として参加するなんて
思ってもいなかったのだ。


しかし、行ってみたら、
なんだ、みんな知っている人たちばかり。

地元の消防団、町会、
うちの小学校、僕が卒業した中学校なんかが
主な運営団体なので、
5分おきに挨拶しないといけないくらいだった。

エスケープするのが上手な僕は、
最初の2時間の準備作業の後に逃走し、
開催時間に子供達を連れてきて
久しぶりに目一杯遊んだ。


「パパ、あれやりたい!」

「ん、地震・・・体験!?」

「面白そー!!」

消防団主催のブースに置かれた地震体験車。
震度5から7を体感できるそれは、
子供達から見たら、
グラグラゲームくらいに見えたのだろう。

そして、実際に乗ってみました。
感想を一言で。

ちょっと防災袋買ってくる。


震度6とかどんだけなんだと思っていたんだけど、
体験終了後に呆然。
地震怖いよ!!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



仕事も大分落ち着いてきたので、
ゴールデンウィークは楽しめそうだ。

ただし、お金は無いのだけれど(苦笑)

04

23

コメント

生え変わり

「ぐらぐらしてる歯が痛い!」(ノ◇≦。)

上の子の歯がまた抜けそうなようで抜けないらしく、
さっきからウロウロ×2してる。

覗いてみると、
もう歯は抜ける寸前だけど、
神経がまだ頑張ってるみたい。

「お風呂入って、歯磨きしたら
 抜けちゃうんじゃない?」

「今すぐ抜けて欲しいの!!」

「じゃあ抜いてあげるよ。
 こっちきな。」

「パパは痛くするし、
 ニヤニヤしてるからイヤ!」(ノ◇≦。)


たぶんこんな顔→(・∀・)ニヤニヤ


お風呂上がって、初代ガンダムを下の子達と見る。

「あれは、良い壷だ。。。BOOOOOOOOOMB!!!」

マ・クベのギャンが大破。
下の子達呆然。

ラスト近くのガンダムは主要人物が次々に死んでいく。
ワッケイン少佐もシャアにやられ、
兄と別れ、悲しそうなセイラさんに金塊が贈られる。

号泣するセイラさん。
下の子達悲しげ。


そんな中、お姉ちゃんが「(;゚д゚)ァ.... 」って言った。

男子全員で振り向くと、ポロリと落ちた歯が手の上に。
下の子達呆然。

そして大笑い。


「案ずるより生むが易しという言葉を君にあげよう」

「何それ?」

「怖いって思ってたことも、
 やっちゃうと大したことないってことだよ」

(・∀・)ニヤニヤしてたら、
馬鹿にすんなみたいにポカっと叩かれた。

04

22

コメント

おはようございます(5回目)

朝、保育園まで子供を送る片道5分間。


家を出てお向かいのお婆ちゃん。

お隣のパン屋さん。

ちょっと歩くとバイク屋さん。

ふと横を見ると、小学校のPTA奥様。

通りすぎる地元の会の先輩。


「おはようございます。
 今日はいい天気ですね。」

128点くらいの笑顔で挨拶すると、
必ず笑顔が返ってくる。

挨拶の時に交わしたように、
今日はとってもいい天気だ。


9時の始業時間になり、先方から電話。

「福田さん、先日お話ししたとおり、
 今日は**をお願いします。
 残り僅かですが、頑張ってください。」

「早くからご連絡頂き、ありがとうございます。
 微力を尽くします。」

先週から少しもめていた問題について、
どうやらお客様の心境が棚上げになったようだ。

利益優先。
商売では、個人の価値観よりもお金が大事。

「それでは、終了次第ご連絡いたしますので、
 よろしくお願いします。」

「はい、わかりました。
 失礼します。」


一難去って、今日は朝からいい天気だ。

04

19

コメント

忙しくないのに忙しい

「えー、それでは打合せを始めます。
 1枚目のプリントを。。。」


眠い。

どうしてこんなことをやっているのだろうと
考えてしまうほどに。
窓の外で元気にはしゃいでいる子供達は、
今日という日の青空を独占しないと気がすまないというほどに
駆け回り、楽しそうだ。

窓の中では、会議が進んで行く。


「4月22日ですが、福田君は。。。」

「・・・」

「ちょっと福田君聞いてる?」

「・・・あぁ、ハイ。聞いてます。大丈夫です。
 4月21日までに必要書類をそろえて提出。
 4月22日は進行役。
 備品等の準備作業は○○さんが、
 4月20日中に△△さんが作成された書類の確認でいいですか?」

「む。。。まぁ、いいわ。
 あんまり眠そうだったから、
 ちょっと心配になっただけ、お姉さんを心配させないように。」

「すいません。
 気をつかわせてしまって。」

「いいのよ。それくらい。
 その代わり、あたしからの評価を少しでも下げないように
 努力すること。」

「。。。はい。」

「わかればいいわ。
 それでは次に。」


僕が作る書類とか、まだ確認していない事項とかが
ぼんやり決まっていき、
なんとなく、座っているだけで大丈夫なような感じがする。
そんな春の午後。

朝見たスズメバチは、元気にミツバチでも食べてるかなとか
想像しながら、保育園のお迎えの時間が刻々と近づいていきました。


春の日差しは心を溶かします。

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブロ友申請大歓迎です!
一覧に表示されるので自動で相互リンクになります!

>> ブロ友申請はこちら <<

検索フォーム

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
49位
アクセスランキングを見る>>

やーんは今、

ブロとも一覧

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。